良い考え方が身についていれば、訪れる結果も良いものになるのではないでしょうか。もしくは、その可能性を高めることができるのではないでしょうか。そのためには、良い考え方が習慣になっている必要があると思います。そこで、良い考え方を習慣にするために必要なことは何か考えました。色々調べましたが、その方法の一つにポジティブな考え方をするというのがあります。問題は、ポジティブにするための方法です。私が実践しているのは、ポジティブな人を真似ることです。そうすることで、ポジティブな考え方が徐々にできるようになってきます。真似をしていたことが、続けることで身になって行くのだと思います。自己催眠というと大袈裟かもしれませんが、ライトな自己催眠をしている部分もあるかもしれません。自分自身を良い方向へアップデートすることで、楽しめる要素も増えて行くのではないでしょうか。

催眠術がかかる仕組み

よくテレビなどで見かける催眠術ですが、どのような仕組みでかかっているのでしょうか。普段私たち人間は脳を全体の数%しか使っていません。意識に関しては脳の3%しか使っていないのです。残りの97%は無意識の部分になります。催眠術とはこの無意識の部分に働きかけて人をするものです。3%の意識が97%の無意識に勝とうとしても勝てない状況が催眠にかかっている状態になります。しかし、通りすがりの人に突然「あなたは犬になる」などと言われても犬のようになってしまったりはしません。これは、3%の意識がシャッターの役割をして97%の無意識を守っているからです。暗示をかけられる側とかける側の信頼関係がなくては、暗示をかけることは難しいといえます。また、信頼関係が十分でなくても意識のシャッターを潜り抜けることができれば暗示をかけることができるということです。

催眠に注目するようになった理由

暮らしの中で催眠を役立てているところです。なぜ役立てるようになったのかといえば、改善したいことがあったからです。それは自信を持てるようになりたかったことです。私は自分に自信を持てないところがあり、それがいつも大切なところで思うような結果が出せない原因だと考えていました。そこでどうすれば自信を持つことができるのかについて考えてみたところ、その方法として魅力的に感じたのが自分で行う催眠だったのです。書店にて書籍を発見し、気になったタイトルだったので購入に至りました。そこには自分でできる方法がたくさん掲載されており、その中に自信を持つことができる方法という、私にとって最適な内容がありました。そこで自信を持てるようになる催眠方法を実践するようになった結果、大切な場面で自信を持って自分の力を発揮できるようになりました。

ソニー創立者である井深大の命令で催眠療法・瞑想法の研究成果を活かし、治療を行います。 催眠療法で着実に自己改善することができます。 東京メトロ有楽町線、江戸川橋駅より徒歩5分の所に位置しております。 我が社では、キャンペーンや特典、イベントが多くございますので、是非、私達と人生の幸せな一時を楽しみましょう。 催眠療法であなたの人生に安らぎをお届けします。 催眠のことなら催眠館ラディアンス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*