自分自身に催眠や暗示をかけることで、目標達成へのモチベーションを高めたり、ストレスを軽減させたり、あるいは自律神経の回復を図ったりすることができるようになります。その際に、自己に対する暗示の作り方のポイントを紹介しましょう。人は強い感情に惹きつけられる傾向があります。それは良きにつけ悪しきにつけ同じですので、暗示の際には、過去の悪い出来事等には触れないようにしましょう。例えば人間関係を良くしたいという暗示の際に『Aさんとはもう喧嘩しない』という暗示は逆効果です。そのような場合には『Aさんと楽しく会話ができる』というようにすると良いでしょう。またできるだけ詳しく細かくイメージを作ることも大切です。先のAさんの例で言えば、Aさんと話しているときに、相手や自分がどのような笑顔を作っているか、どのようなポーズか、五感をフルに活用してイメージを作ることがポイントです。

催眠術とは心理学の技術を応用したもの

催眠術というとマジシャンや宗教の教祖などが行うモノという少し怪しげなイメージが強いと思いますが、その方法というのは実は心理学をメインとした技術なのだと言えます。つまりその方法を知っていて、練習をすれば簡単なものなら誰にでもかけることが出来るといった類のものです。催眠術というと大げさに聞えますがようにするに暗示をかけるのです。言葉やしぐさなどの仕掛けにより相手の体を変化させることで、簡単な例を挙げると人間は何か一点に集中させるとそれ以外の物は受け取りにくくなります。そしてその間に無意識に働きかけるのが暗示なのだと言えます。勿論相手が本気で拒否するような暗示を与えてもかかることはありませんが、簡単に出来るようなことならさほど拒絶反応も起こらず相手に暗示を与えることが可能だといえます。勿論人によってかかりにくい人とかかりやすい人がいるので誰にでもというのは言いすぎかもしれません。

催眠と睡眠についてです。

催眠は、脳の伝達物質を一定の速度にする作業により眠気が生じ、ゆっくりと眠気に落ちます。いちじき五円玉を左右にぶら下げて眠るのがはやりましたがあれはあまり効果的ではなく、催眠術と言うように脳の、コンデンサーなどのいろいろなところを刺激して眠気の物質を分泌していく技法と言いますか、方法です。自分は素人なのであまり深く掘り下げてもだめです。睡眠は、平均6から7時間眠ればいいと思います。年齢や乳児によって異なります。睡眠に最も適した時間は夜の10時から深夜の2時までがピークと言う統計データがるみたいです。また別でありとても睡眠と言うのは大切な健康の源でもあります。催眠療法などがありますが、あまり期待できません。ほかの治療がいいと思います。それは医者の意見が優先される事でありますし、自分が判断を下すことは、無論ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*